横浜でデザイン住宅を建てエクステリアにもこだわるなら

依頼する業者

横浜 遊園地コスモワールド

神奈川県横浜市を代表するイメージとしてよく語られるのが、異国情緒あふれる港町というものです。
これは言うまでもなく、江戸時代末期の1859年にそれまでの鎖国政策が転換され、幕府の手によってこの地に国際港が開かれたことに由来するものです。
以来、横浜は西洋文明の窓口となり、ビールやアイスクリーム、西洋瓦など、この地を発祥としてさまざまな文物が日本人の生活にもたらされました。
ちなみに今も残る「関内」という地名は、開港当時外国人居留地と日本人の居住地域の間に関所が設けられてその内側と外側をそれぞれ関内、関外と呼んでいたことに由来しています。
現在の横浜は、国際貿易の主役が船から航空機に変わったこともあって、必ずしも海外文化が最初に日本に入って来る場所ではなくなりました。
しかしそのことによって、街がノスタルジックな情緒ともいうべき独特の雰囲気を持つようになってきました。

ノスタルジックな情緒をかもし出している具体的なものとして、数々の建築を挙げることができます。
先に述べた関内地区周辺には、ゴシックやルネサンスなど伝統的な建築様式に基づいて建てられた純西洋風の建築物が点在しています。
明治から昭和の初めにかけて造られたその多くは今もオフィスや公共機関などに現役で使用され、日々の暮らしに溶け込みながらも訪れる人の目を引いています。
一方、かつての西洋人の暮らしをしのぶことのできる建築物が集まっているのが、山手地区です。
ここは外交官などが邸宅を構えた高級住宅地であり、今も多くの洋館が残されています。
そのいくつかは整備されてレストランとして使用されたり、資料館として一般公開されたりしています。